スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっぽたちのゆくえ vol.11 

サーナイト そんなわけで!
今回はまさかの小説でのデビューを果たした
新メンバーの紹介でーす☆




ロコ=フォクシア おう!
前の記事を読んだ人は知ってると思うが、私はロコ=フォクシア。
あれからいろいろあって、
サナたちとカバリア島で過ごすことにしたんだ。よろしくな!
まあ、詳しい自己紹介はプロフィールでしてるから見といてくれよ。





 

続きを読む

パーカーと聞いて 

ロク君
(クリックで拡大)

もこもこは柴枝さん、もとい千烏さんちで連載してる小説を応援中です!

新作の舞台は海ですよ!しっぽファミリーも登場します☆

しっぽたちのゆくえ番外編 ep1 

 ドン・カバリアの最高傑作、バーチャルゲーム「トリックスター」の舞台。
カバリア島。
 そこに残された莫大な遺産が目的で、世界中から冒険者が集まり、ゲーム参加者には一般的な参加者にまぎれてアイドル、本物の魔法使い、料理人、劇団員、さらに貴族とか暗殺者とか王族だとかも参加しているらしい。

 そんな島だが、一方、未だに不明な謎がかなり多い島としても知られている。
 大して広くもない島に熱帯樹林だの永久凍土だのが混在し、4年前に発見された無人島と世間には発表されているはずなのに島には古くからの伝説や15年前の事件が記憶として残っているのだ。
 そんな不可解な現象に対する専門家の意見もさまざまである。カバリア島というのは実はテーマパークではなくなんらかの超越的な力を持った地域であり、各地域をつないでいるワープポータルによって場所や時間を越えて移動させられているんだ、と、いうような類のものから、実は地域の気候や建造物や住人やモンスターなどは全てゲームのプログラムであって、冒険者は島に来た時点でゲームプログラムに変換されてしまっているのだ…という説まである。
 この島がどのような状態で発見されたのか、このテーマパークをどのようにして作ったのか。どこまでがゲームの要素でどこまで現実をのこしているのか。それを全て知っていたただ一人の人物、ドン・カバリアはもうこの世の人ではない。


 そんな「わけのわからない島」の噂を聞いて、ちょっとした興味から遺産を探すつもりでもなく島に訪れる者も少なくない。



 

続きを読む

小ネタ 

スノヒルにて


何があったかは察してください☆

しかし、形見のペンダントで急所外れて大団円でした。




 

続きを読む

ついにあの子がお赤飯 

ご無沙汰してます、もこもこです。


エイプリルフールのテロ記事(しかも1日で消した)以来、
まさかの一ヶ月以上の更新停滞をやらかしちゃいました。てへ☆

おかげさまで4月は屈辱の記事数0!!


……で、今日の記事は告知です。



 

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。