スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIZOME~鍋中のクリーチャー~ (前編) 

サーナイト


この日は日曜日♪
INしたのは5時過ぎ………
喫茶店が空いてます♪↓


ギルメンさん


あ、さんがINしてました。
前から行きたいって言ってたので誘うことに。

宮さ~ん



白熱球


何の話ですかっ!><
私は発光ダイオードが好きです。



来ました


ともかくやってきました。


どきどき


どきどきしながら入店したその時、


eroす


店員の第一声は「エロス」でした。


ただならぬインパクトを宮さんに与えたところで着席~

着席


しかし、この日は

いない


シェフが不在、店長健在という不測の事態。
これだけで危険な雰囲気が漂ってきます。

そして案の定……


色


思われる


どおん



いろいろとやらかしてますっ^^^^^^^^^^
哀れ、宮さん。頑張ってください。


さん!


………え、なんですか?


飲んで


Σなんですとーーーーーーー!?


ちょw

いかねば




逃げた


………………

えと……

キタ


………………


泡が



……い… 行ってきますっ!(涙目で)


……飲んだ後、宮さんからギルチャでメッセージが

どうでした?


さすが♪


Σ何を言ってるんですかっ><



………しかし、悲劇はこれだけでは終わらないのです!

以下、次回予告!

テーブル


サーナイトと若人さん、
帰ってきた宮さんと新しく入ってきたたぬぬさん。
彼らを待ち受けていたのは、

ぽいぽい

だし


どう考えても食べられないものばかりが入った料理だった。


エスパー技


その時、サーナイトの身に何が起きたのか!?


……次回、TIZOME~鍋中のクリーチャー~ (後編)

コメント

ぼこぼこと泡のたったお茶でしたかぁ。。。
ぶくぶく茶、もしくは、ばたばた茶だったのですね♪

宮さん>

ええ。泡が立っていました。マグマのように。

「ばたばた」茶………
この記事を見た後だと、もがき苦しむ効果音に見えます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://shipponoyukue.blog97.fc2.com/tb.php/22-c728ed5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。